〒509-5112 岐阜県土岐市肥田浅野笠神町2-11-1
(中央道 土岐インターより5分)

お気軽にお問合せください

受付時間:8:30~12:30/14:00~17:30
定休日 :水曜・日曜・祝日

自由診療

自由診療とは

選択肢が増える

考えられる治療法の中から、最善の治療を受けることができます。 一見当然のことと思われがちですが、実は保険診療の場合、ごく一部の治療法しかご提案できません。

例えば、歯を抜いた後に行う「インプラント治療」や歯並びを改善する「矯正治療」。安全性も治療が長持ちする事も広く認められている最善の治療にもかかわらず、全て保険診療適応外です。そのため自由診療にしておかないと、抜歯後の治療法として選択することができません。

「より噛みやすく、より綺麗に、より長持ちする」という患者様の求めに応えるために、自由診療であれば、多くの選択肢の中から治療法を選択することができます。

材料の違い

治療に用いる材料や薬剤を自由に選択可能です。世界的に効果や安産性が認められている材料も、健康保険の適応は一部のみです。残念ながら、その多くは保険適応外です。

例えばむし歯が深くても神経を残す為の薬剤は保険適応外です。つまり、被せ物や義歯に使われる銀色の金属は健康保険の制約の中で仕方なく使用しているのです。

神経を守るための薬剤の使用、見た目が綺麗で自然なセラミックを使った詰め物、壊れにくく異物感が少ない義歯の作製など、材料の制約がない自由診療であれば全て叶えることができます。

 

技工士レベル

むし歯になりにくく長持ちする詰め物、異物感の少ない義歯、目立ちにくい被せ物などを作るためには、技工士の熟練された技術が不可欠です。保険適応の治療では、詰め物などは卒業後間もない技工士が短時間で完成まで作業をおこないます。

一方、自由診療では、ベテランで勉強を重ねている技工士が時間と材料を惜しまず作り上げます。自由診療で作られたセラミックの被せ物は、歯科医師が見ても天然の歯と区別がつかないほどの高い完成度です。

 

徹底した処置

良い治療には手間がかかります。自由診療では、むし歯を取るときに、最大で20倍まで拡大しながら処置します。拡大する事で、むし歯の部分だけを必要最小限で削り取る事が可能だからです。

また、入れ歯の噛み合わせ調整をするときは、歯科医師と技工士が付きっ切りで調整し、全体の噛み合わせバランスを調整します。さらに、被せ物を作るときは、患者、歯科医が共に審美的に納得できるまでつくりあげます。

これらを達成するために自由診療では、時間を惜しみなく使い、出来ることを全て尽くす診療をお約束します。

保障

自由診療においては良い状態を長持ちさせるよう出来る限りを尽くします。

そのうえで、治療後はメインテナンスで継続来院して頂ける方には、永久補償致します(※ブリッジなど一部例外あり)。

お電話はこちらから

クローバー歯科クリニックのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
ご不明・ご不安な点がございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

お電話での予約・ご相談はこちら

0572-53-2011

受付時間:8:30~12:30/14:00~17:30
定休日:水曜・日曜・祝日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

0572-53-2011

■受付時間(最終17:00まで)
8:30~12:30/14:00~17:30
■定休日
水曜・日曜・祝日

受付時間

 
午前 × ×
午後 × ×

受付時間:8:30~12:30/14:00~17:30(最終受付17:00まで)
定休日:水曜・日曜・祝日